東京 茨城 埼玉 千葉 FPプラザあい21|成年後見制度、相続対策、遺言作成、年金相談なら鷲山俊男にお任せ下さい。茨城県取手市。 

  • セミナーのご案内

現在、平均的に1年間で100万人の方が亡くなっています。相続税の支払い対象者は5万人以下です。
大多数の人は相続税とは無縁の方です。
この人達に相続問題が発生しないのでしょうか?僅か1000万円の財産しかなくても、「争族」は発生しています。

例えば、ご長男のお嫁さんに世話になりご長男が先に 死亡した場合、法律上はそのお嫁さんは相続財産は1円も入りません。そのお嫁さんにお金を残してあげたいと思ったら遺言しか方法がありません。
再婚して先妻との子供がいる場合、トラブルに発展するケースも多いようです。相続をトラブルの種にしない為には、遺言の活用が1番です。

相続が「争族」になる可能性は、誰にでもあるのです。

相続を円滑に進める一番良い方法が遺言書です。
自分の財産の処分方法を自らが意思表示出来るからです。
遺言書は、民法に優先します(遺留分の問題はありますが・・・)。
これにより自分の意思を伝え、民法で阻害されている人達に
財産を分け与える事が可能となります。
その他に成年後見制度や任意後見制度を
組み合わせる事により、自分の意思表示が
出来なくなった場合に備える事も出来ます。
遺言書の方式には自筆証書遺言書、秘密証書遺言書、
公正証書遺言書の3種類がありますが、
私は公正証書遺言書を早目に作ることをお勧めしております。
その理由は、遺言書の原本が公証役場に有り、
偽造変造の恐れが無いからです。
この事が自分の遺志を正確に伝える事になると思うからです。
 
相続・遺言についてのより詳しいお話やご相談は、
確かな信頼実績のファイナンシャルプランナー鷲山俊男におまかせ下さい!