東京 茨城 埼玉 千葉 FPプラザあい21|成年後見制度、相続対策、遺言作成、年金相談なら鷲山俊男にお任せ下さい。茨城県取手市。 

  • セミナーのご案内
自衛隊員の皆様へライフプランのご案内
夢を夢として終わらせないために

link01

link02

link03

link04

link06

link05

お客様の声

お客様
(相談時年齢)

お客様のご意見

弊社の対応

 

 

 

 自衛官

(55歳)

 定年を控えてライフプラン・サービスを受けました。

専門的に分析・検討して頂き大変参考になりました。

提案書の説明が約1時間では短いと思いましたが、その後、面談によるアフターケア、追加の質問等に回答して頂き感謝しております。

金融商品等の知識が不足する私のような相談者には、より具体的な例で説明して頂ければ更に良いと思います。

ありがとうございました。

 ご退官を控えたお客様でしたので、ご退官後のセカンドライフにつきまして、キャッシュフロー分析とバランスシート分析を実施してご安心頂くとともに、金融商品の組み合わせについてご提案させて頂きました。

より具体的な例を用いて説明させて頂くように致します。ご意見ありがとうございました。

公務員

(55歳)

ライフプランサービスは過去に保険会社の説明や、その他の記事等をとおして見る機会はありましたが、具体的な「個人プラン」を設計していただいたのは初めてでした。

結果的には、多くの人の感想にもあるかと思いますが「もっと早く、そしてもっと若いうちに・・・」が偽らざる心境です。

定年が近い状況の中で、将来の生活については漠然としたイメージしか持っていませんでした。

担当者の方から、今後の生活費や年金額の見積り、退職後の生命保険のメリットデメリット等、多岐にわたる項目を「文字とグラフ」で「説得力のある数値」が提示され「将来の生活モデル」をイメージすることができました。

提案どおりの行動になるか否かは家族との相談によりますが、「明るい兆し」を見せていただき、不安感が払拭された気分です。感謝いたします。

 共働きのご夫婦でしたので、老後の生活資金については心配いりませんでした。

そこで、金融資産を無理の無い割合で積極的に運用することをお勧めしました。

また、奥様のご退職時期の違いによる年金額や金融資産残高の違いについてもご説明させて頂きました。

 

 公務員

(54歳)

 先日は、丁寧な説明を頂きまことに感謝しております。

家に帰って、今後の事について妻と二人で話すことができました。

とても親身なアドバイスをいただきありがとうございました。

これからも人生設計のプロとして、色々とお世話いただけるようお願いいたします。

 末のお子様が小学生で、将来の家計に不安を抱かれおられました。

そこで、今後の収支予測をお示しし、少しは安心して頂きました。

また、資産の有効活用の観点から、終身保険を資産運用に活用することをご提案致しました。

会社員

(63歳)

老後を迎える夫婦の将来の生活設計について、しっかりとアドバイスを受ける事が出来、大変満足しています。また、自分たちの生活に対する見直しの良い機会ともなり大変に有意義であったと感じています。

若い時はあまり将来の生活設計に関心を持たない人が多い(自分も含めて)と思いますが、自分自身のライフプランについては、出来るだけ早い時期に関心を持って相談することが必要ではないかと感じました。

再就職先のご退職を控えて、老後のライフプランを分析し、ご提案をさせて頂きました。

資産の運用先が株式に偏重していましたのでリバランスをアドバイスしました。

自衛官

(55歳)

この度、辻さんにライフプラン作成をお願いしました。初回面談以降、作成に必要な事項について足りないところを細かく確認して頂きました。

以下は、家内とともにライフプラン提案書の説明を受けた感想です。

1、もっと早い時期に相談すればよかった。

定年まで数年の時期に相談しましたが、説明された内容を効果的に反映させるには、もっと早く、少なくとも定年10年前までに知っておく方が良かったと感じています。

2、今後の生活の方向性が明らかになった。   

退職金・再就職・年金…で何とか生活できるだろう、と漠然とした安心感と不安を感じていましたが、説明を受けて、定年後の生活を安心して過ごすために今何をすべきかを理解することができました。

3OBである安心感を感じました。

現役の生活、退職金・再就職など自衛隊独自の状況を理解されているOBでしたので、安心して相談することがでこきました。また、説明して頂いた内容も具体的でした。

本当に満足いけるプランを作成して頂きありがとうございました。疑問点が出ましたら質問させて頂きますので、今後もよろしくお願いいたします。

ご相談にあたっては、まず、家計の現状とご退職後の収支見積りを分析させて頂きました。

その結果、幾つかの要改善点が見つかりましたので、対策案をお示し対策前と対策後のライフプランの違いをご説明させて頂きました。

ご夫婦には、ご提案書にご満足して頂きFPとしてお役に立てたことに喜びを感じております。

これからも、一人でも多くのお客様のお役に立ちたいと思います。

 元自衛官

(60歳)

当時の私は、転勤を繰り返し15年間ほど単身赴任でしたが、最後の勤務地は幸い自宅通勤でした。再就職先は未だ決まって無かったのですが、終の棲家をどの様にするか検討していました。持ち家のリフォームか、中古住宅購入か、又は新築住宅にするか等で悩んでいました。勿論、最大の問題点は、住宅購入資金と今後の生活費の兼合いでした。漠然と何とか成るだろうとも思いましたが、老後の不安もありました。そこで、辻さんに相談したところ、今後の年金等の収入も含め具体的に資産設計して頂き、退職金を全て注込んだ新築住宅でも老後の金銭面の不安は無いとの結論を得ました。また、資産運用についても、様々なアドバイスを頂きました。保険の見直し、預金、株、投資信託等のメッリト・デメッリトなど。特に印象に残っているのは、バブル後では不動産を資産として運用しては駄目だと言うことでした。事実、老朽化した持ち家は、超安値でしか売れませんでした。それでも売れただけマシで、売れなければ固定資産税を払うだけのお荷物にしかなりません。この様に、今新築の家でこの感想文を書いてますが、現在も将来も、生活費での不安も無く暮らせるのは、5年前にライフプランニングして頂いたお蔭と感謝致しております。

当時、再就職を希望されていた企業で65歳まで勤務されることを前提にしたライフプランと一般的な企業に再就職した場合のライフプランを対比できるようにご提示しました。そこで、物件は、再就職先が決まってから購入されることをアドバイスさせて頂きました。その後、新居から希望されていた企業に通勤されていることをお聞きし、お役に立てたことを実感しました。

会社員

(57歳)

定年後始めた投資信託が、どんどん値が下がり、どうしたら良いのかわからず、時間だけが過ぎ、損害も大きくなって行く状態でした。
辻さんの適切なアドバイスのお陰でその状態から抜け出すことが出来、被害を最小限に押さえるとともに、将来の生活についても、目途が立つようになりました。感謝しています。

投資信託に偏重していた資産を個人年金保険等に分散することをお勧めしました。お役に立てて幸いです。

自衛官

(56歳) 

退職金を元に新居を購入するかしないかについて悩んでいました。私も闇雲に新居購入を考えていた訳ではなく、自分でも我が家の家計簿はつけ続けており、我が家の資産も掌握して自分なりに将来の計画は作っていました。しかし、どうしても分からない部分がありました。それは自分自身の年金がどれくらい貰えるのか、健康保険はどれくらい支払うのか、自分が85歳、妻が90歳まで生きるとして他にどのような支出があり、どれくらいの蓄えが必要になるのか等でした。辻氏は、我が家の全ての資産(借金等も含み)や私の老後に至るまでの生活の好み等を明らかにすることを条件に、試算を重ねて複数のプランを示してくれました。そして、そのプランを見たことで、間違いなく私に新居購入の決心をさせてくれました。今から考えると、辻氏が自衛隊で同じ釜の飯を食ってきた仲間で、元自衛隊員の曖昧模糊とした将来の生き方についても分かり合える相談相手だったからこそ、その結論に信頼がおけたのだろうと思います。自衛隊現役の方、OB になられた方、将来の資産計画でお悩みであれば、FPの辻氏を推薦します。ただし、自分自身でもできるだけの試算を試みて、相談を受けた方がその効果は大きいと思います。

年の離れたご夫婦でしたので、ご主人様は奥様の老後の生活に不安をお持ちでした。そこで、年金制度について詳しくご説明するとともに、終身保険への加入と自宅購入時期についてアドバイスさせて頂きました。その後、新居にもお招きを頂き、夢を叶えられて幸せそうなご夫婦にお会いして、お役に立てたことを実感しFPであったことの喜びを感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


担当プランナーのご紹介へ
 >>